クレーンメンテ広島 広島の住宅・マンションリフォーム-ティーエス・ハマモト

082-433-5153
クレーン・ホイストのトータルソリューション企業です。

*

*

*

*

*吊上げ荷重が0.5t以上の電気ホイストや電気チェーンブロックを使用するクレーンは、定期点検が義務付けられています。

「労働安全衛生法」、「同施工令」、「労働安全規則クレーン等安全規則」により、次の実施項目が定められています。


年次自主定期検査(年次点検)の実施

事業者は、クレーンを設置した後、1年以内ごとに1回、 定期に当該クレーンについて自主検査を行わなければなりません

1.構造部分、機械部分、電気部分の異常の有無
2.ワイヤロープ又はつりチェーンの異常の有無
3.つり具の異常の有無
4.基礎の異常の有無
5.荷重試験 ( 定格荷重に相当する荷重の荷をつって行う荷重試験 )

月次自主定期検査(月次点検)の実施

事業者は、クレーンについては、1月以内ごとに1回、定期に次の事項について自主検査を行わなければなりません

1.過巻防止装置その他の安全装置、過負荷警報装置その他の警報装置、ブレーキ及びクラッチ の異常の有無
2.ワイヤロープ及びつりチェーンの損傷の有無
3.フック、クラブバケット等のつり具の損傷の有無
4.配線、集電装置、配電盤、開閉器及びコントローラの異常の有無

作業開始前点検の実施

事業者は、クレーンを用いて作業を行う時は、その日の作業を開始する前に、次の事項について点検を行わなければなりません

1.巻過防止装置、ブレーキ、クラッチ及びコントローラの機能
2.ランウエイの上及びトロリが横行するレールの状態
3.ワイヤロープが通っている箇所の状態

点検書の保管

天井クレーンの点検は、結果を記録し、3年間保存する必要があります。

補修の実施

点検により異常が認められた場合は、直ちに補修する必要があります。

*

クレーンメンテ広島では、年次定期自主検査(年次点検)/月次自主検査(月例点検)の委託サービスを行っております。 定期自主検査(月例/年次点検)を委託することにより
*
・クレーンの性能を維持します
・不具合箇所の早期発見により、
 突発事故を未然に防ぎます
・危険な高所作業を回避できます
・クレーン管理コストが削減できます


委託をご検討される際は、まず弊社までご相談ください!!

*

クレーンの新設・載せ替え、ホイスト・チェーンブロックの更新をご計画の際は、弊社にご相談ください。

工場のレイアウト、使用用途にあわせてどのようなホイスト・チェーンブロックが最良なのか、
どのようなクレーンがベストな選択なのかを検討、ご提案いたします。

*


*

会社名称株式会社クレーンメンテ広島
事業内容電気ホイスト及び天井走行クレーンの修理
保守点検、並びに製作、販売、据付工事。
株式会社神内電機製作所 代理店
所在地〒739-0265
東広島市志和町冠字猪伏2691番地3
代表取締役濵本利寿
創立昭和53年 5月9日
資本金3,000万円
主要株主株式会社ティーエス・ハマモト *
従業員数9人
主要取引銀行広島信用金庫 祇園支店

*

住所:広島県東広島市志和町冠猪伏2691-3