INFORMATION
お知らせ

BLOG 2020/02/05
お祓い

こんばんは!工務部西川です。

昨日、現場で神主さんに来ていただき、お祓いをしました。

一見ブランコに対してお祓いをしているようですが、

こちらのなかなかの高さの木を伐採するためです。
木を切るのにお祓いは必要なのか?と思っていたのですが、
日本では昔から、長生きした木には神や精霊が宿るといわれており、
木も人と同じく魂を宿して生きているという考え方だったそうです。木霊というやつですね。
そのため、木をむやみやたらに切り落とすことは罰当たりな行為とされていたそうです。
どうしても切り倒さなくてはならないときは、今まで長生きしてきた木に対する、敬意の意味を込めて供養をするという心構えが大事なようです。
まぁ確かにこの木がきれいさっぱりなくなると思うと少し寂しい気もしますね。
ということで、しっかりと敬意を込めて来週からバッサバッサと切っていこうと思います。