INFORMATION
お知らせ

BLOG 2019/05/01
これって何て読みます?

令和に入って突然、失礼します。これって何て読みます?

大阪??株式会社。

 

答えは!

ほら、こんなものもあります。ガス灯ですね。大阪ガスの本社ですから。ちなみに、広島ガスの本社ビルはどうなっているのでしょうか?

 -大阪ガスビルって知ってますか-

出張で大阪に行ってきました。このビルは大阪の有名な御堂筋沿いに、戦前から建っているビルです。広島の100メートル道路と同じように、戦前に都市計画を基に、土地を買収して作ったのが、御堂筋です。この建物は第2次世界大戦の時に、周りが空襲で焼け野原になった中で、焼けずに残ったビルとして知られています。ハマモト的(塗装・防水工事的)には、初めて、鉄筋コンクリート造の屋上屋根に防水工事がなされたビルとしても知られているようです。

-大阪ガスビルの特徴-

大阪の有名な建築家安井武雄さんの設計で1933年(昭和8年)に竣工したものです。現在の大手設計事務所である安井建築設計事務所の全身の設計事務所です。一部は、建ってから86年たっていますが、きれいだとおもいませんか。当時最新式のモダンな建物と言われ、竣工当時、建物内には事務所のほか、ガス用品陳列場、講演場、美容室、理髪場、ガス料理講習室、食堂などが設けられ、一般に開放されていたそうです(講演場は1965年に廃止)。8階の食堂は本格欧風料理を提供することで評判になり、現在も竣工当時の雰囲気を留めた食堂として営業を続けているそうです。(食堂を見たかったですが、食事の値段が高そうだったので入りませんでした)地下2階には自動車駐車場も設けられていたようです。今でも、1階の一部は、一般に開放され、軽食コーナーやガス器具の展示、クッキング講習会等が、開かれているようです。私達も、自由にはいれ、中をのぞけますよ。

-大阪ガスビルの変遷-

日本敗戦後の1945年10月4日には、アメリカの占領軍が2階講演場ならびに6階以上などを接収し、1952年(昭和27年)5月22日の接収解除まで第2宿舎として使われた。1966年(昭和41年)には安井武雄の後継者で安井建築設計事務所社長(当時)の佐野正一(安井武雄の娘婿)氏による設計で北館増築が竣工。現在も大阪ガスの本社屋として使用されている。つまり、まず南館が、1933年に建てられ、北館は後から建てられたことになる。良く見ると、北館と南館は、エクスパンションジョイントで、目立たないようにつながれている。設計的には、南館の安井武雄の個性的なデザインを、佐野正一氏が、設計ディテールを緻密に計画し、現代要素を巧に入れつつ、一つの建物のようにスマートにまとめた設計として知られている。また、大阪ガスが野村財閥の中核企業だったことから、北館1階には大阪野村銀行の後身であるりそな銀行の御堂筋支店が入っている。

-大阪ガスビルの評価-

2002年12月の文化審議会答申を受け、2003年3月に「大阪ガスビルディング」の名称で国の登録有形文化財として登録された。また2003年9月には、現存する重要なモダニズム建築物として「DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築」に選ばれた。

-建築様式-

外観からみて一般的にはアール・デコ様式とされる。しかし安井武雄はこの設計では、これまで設計手法として使ってきた東洋風な装飾を捨て、近代合理主義様式に接近した。そのモダンな形態は必ずしも外からもたらされたものではなく、御堂筋という立地条件・ガス事業の公共性等を含めた瓦斯ビルの機能から割り出されてきたものとされ、この建築姿勢には、当時の関西の建築家の巨匠、村野藤吾渡辺節に通ずるものがあると指摘されることもある。2年後に同じ御堂筋にそごう百貨店(有名な建築:今は解体されて現存しない)を設計することになる村野藤吾の眼には「都市建築の美の極致」に映ったという。

有名な建築史家の藤森照信氏は大阪ガスビルの様式について、「アール・デコ様式が持つ鉱物感覚が高純度に洗練されたもの」としている。

-最後に-

1階部分は、一部、回廊形式になっています。私が行ったときは、3月後半で、まだ寒かったのですが、多くの人が回廊の設置されているベンチに座って、読書をしたり、談笑されていました。こんな寒いのにどうしてと思って、いている空いている木製ベンチに座ってみると、なんとベンチが暖かいのです。ガス暖房が、ベンチの裏側を通っているからでした。正直、私もびっくりしました。このあたりの歩行者や、近隣方々への配慮が、素晴らしいなと思いました。(ベンチの写真がなくてすみません。写真の一番奥に移っているのですが。え、見えない!現地で確認してください。)大阪商人の懐の深さを感じました。

今日も、最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

柿田でした。