INFORMATION
お知らせ

BLOG 2021/02/01
強風

お疲れ様です。工務部 日山です。今回は今,工事中の現場についてです。呉市・蒲刈島に渡る為に掛けられている安芸灘大橋の工事をしています。海の上に掛かっている橋のため,常に風が吹いています。時には普通に立っていても体がもっていかれるくらいの風が吹きます。そのため現場では体感温度が非常に寒く感じます。

現場での足場作業が大変です。足場の組立高さは橋脚の一番下から約50mの高さまで組み立てます。資材の荷下ろしに25tラフタークレーンを使い,風が強いと荷が揺れるため見ていると不安になります。この工事の一番大切なところは,墜落災害は絶対にあってはならないことです。高所での作業のため,何か起きたら間違いなく死亡してしまいます。特に鳶さんにはきつく指示し作業にあたってもらっています。無事故で竣工出来るように頑張ります。

そして今回も3年生の女性社員と一緒に毎日楽しくさせて頂いています。彼女は初めて役所工事における現場代理人を自ら志願して頑張っています。弊社の社長の方針で私達は仕事が出来て当たり前,次にやるべきことは下の世代に自分たちのスキルを教えることだと常々言われます。現場代理人である彼女には今まで以上に役所や業者から電話が掛かりその都度パニックになっていますがそれも良い経験だと思います。

安芸灘の工事が終わった時には,私が今回の工事は仕切ったと自信を付けてもらえる様に,日々指導していきたいと思います。

足場組立中の写真を添付して終わります。