INFORMATION
お知らせ

BLOG 2019/10/19

 

こんばんは。

 

夏が過ぎようやく秋めいた今年も各地で台風の猛威によって

被害に遭われました皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。

皆さまのお心の回復と復興を心よりお祈りを申し上げます。

 

季節の移り変わりに体調など崩されませぬよう皆さまも

お身体は十分にご自愛ください。

 

 

小さな頃から子どもながらにずっと好きな「字」があります。

 

志(こころざし)

 

何で子どもながらにもと振り返りますと私、弟がいまして

うちの弟の名前、悦志(えつし)っていうんですけどね。

(どうでもいいかと思うんですけどね、聞いてください笑)

皆さんも子どもの頃よくこんなことありませんでしたか?

親にボクの名前は何で何々なの?と教えてもらうこと。

…えー、私のことはどうでもいいかといたしまして…

弟の悦志くんも母に聞きました。母はこういいました。

よろこびとこころざしがもてるようにとつけたよと。

それを聞いた当時小3ぐらいだったでしょうか私、兄は

えー、なんかいいー、かっこいーなって好きになりました。

 

あれから30年。40を過ぎた私、今でも好きなんです。

 

どんな事にも志(こころざし)高くありたいと。

 

 

これまでいくつかのセミナーに参加させていただく機会を

いただきどのセミナーもためになる、自己の無知を知る、

云われなくても聞かなくても解ってますがつもりだったことも、

それは何のためにと、何度も自分に気づかせてもらいます。

中でも胸に沁みわたり心に残るセミナー講演の終わりのこと、

先生は受講者一人一人に直筆の一枚の書をくださいました。

その一人一人、これをあなたにと。一言とその書を添えて。

 

わたくしがいただきました「書」がコチラ↓

 

 

力強く、いただきました書には「志」と。

あなたに。と手渡された瞬間、心を持ってかれました。

 

一生、わたしの大切にと思う言葉です。

 

「志」を使って一言

 

TS.boys&girls,be ambitious.

(TS青年たちよ、大志を抱け)

 

TS中年、高垣でした。