INFORMATION
お知らせ

BLOG 2021/12/11
皆の見本となれる為に

今日は私のこれまでの経験から学んだことを話したいと思います。

それは「ミスをすると怒る上司のいる職場ほど、ミスが多くなる」というお話です。

「ミスをきちんと指摘しているのだから、ミスが減るのでは?」と、思いますよね。

 

しかし、現実はちょっと違います。

私が以前いた職場では、ミスをすると怒鳴るように怒る上司がいました。

ささいなミスでも、だらだらお説教されてしまい、間違いをしようものなら、大きな声で怒鳴られます。

しかし、ミスを指摘してお説教するにもかかわらず、一向に状況はよくならないという不思議な状態がありました。

その職場は、いつまで経ってもミスが多い職場でした。

私はそんな職場の中にいたから、なぜいつまでもミスが改善されないのかが、よくわかりました。

本当の問題は、すぐ怒る上司にあったのです。

ミスをすると、上司が怒る。

みんな叱られるのは嫌だから、ミスをしても上司に報告しなくなる。

ミスを隠しているから、情報が共有されないし、いつまでも改善されない。

余計にミスや間違いの起こりやすい職場となる。

こうした流れがはっきり見えたのです。

誰でもそうですが、叱られるのは嫌なもの。

ミスをして、すぐ怒るような上司では、素直に報告がしづらくなります。

すぐ怒る上司のいる職場では、それそのものが問題です。

一生懸命に怒る上司は、一生懸命に仕事をしているように見えるから、社長や管理職からは問題がないように見えます。

頑張っているなと映るのでしょう。

しかし、部下から見れば、一番の問題は上司そのものだったりするのです。

 

続く