INFORMATION
お知らせ

BLOG 2018/10/10
色々な考え。。。。

年長組新人のOです。

今、工場の内部鉄骨部分の塗替え工事の管理をしています。
8・9月は壁面でしたが、9・10月は、屋根裏面です。
吊り足場約1,000㎡+約1,000㎡の約2,000㎡面で、半分鉄部塗替が終わって
吊り足場解体移動組立中です。
やり方は昔と変わらないが、この様な広い面積の工事は、まだ施工した事が有りません。
吊り足場は、夜間作業にて管理は土木担当の方が行っています。
下面が加工場作業スペースで夜間作業組立払い。吊り足場組バラシは、慣れているとは言え 色々と大変だと思います。 墜落転落絶無、安全が第一です。
私は、平日・土日祝祭日昼間の塗装作業管理ですので、少しは気が楽です。

吊り足場上の作業で特に注意する事は、屈んで通行(この姿勢が意外とキツイ)しますが 上部の梁ブレスに頭をショッチュウぶつけます。むち打ちに成らない様に
上ばかり見ていると躓きますので全体の見渡しが必須です。
屋根裏側は風もなく秋とは言え暑い、しゃがんだり這いつくばったりで作業着も
汗とケレン鉄粉塗料残材で泥だらけ。
こういった作業姿勢にて体重も約2Kg減量になったのかも?
今までに経験したことの無い作業を行う事は、大変だけど良い事です。。。。。
仮設工事は、安全・工程・予算全てに影響するのでしっかりと考えないといけません。

 

 

 

・工場内で水槽の養生を写真の様にうまい具合にして有りました。
有る材料を使用とか工夫して出来る様にする。
発想の転換とか色々と考えることが必要だと感じました

 

 

 

 

 

・田圃の中央に写真の様な飛行機が2基有りました。

大がかりな雀・カラス除け? 展示品? 田圃が先? 飛行機設置が先?
たまには、こんなことを考えるのも良いかも?