INFORMATION
お知らせ

BLOG 2016/07/04
若気の至り

ティーエス・ハマモトの山崎ことザキヤマです!!

これは私が入社して1年目の秋に起きた出来事です。

当時、僕はマンションの改修工事で先輩の下で補佐的なポジションで工事に携わっていました。

当時の僕の仕事は、、、

・工事の写真を撮る。

・掃除する。

・職人さんにお願いしたらお金がかかる、現場におるけ出来る事は自分達でやる。

でした。

その自分達でやるという項目の中に「格子を一時撤去する。」というものがありました。

格子とはマンションの廊下によくある、防犯対策の柵みたいな、こんなやつです。

IMG_2989

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この格子を取らないと作業ができません。

当時、僕のいたマンションは10階建の約100世帯のマンションでざっくり1世帯に最低2個は防犯格子がついていました。

「格子を撤去一時撤去する。」

流れとして、、、

テープに部屋番号を書いて格子に貼る➡柵と柵の間に手を突っ込みネジを緩める➡格子を外す➡格子を集めるて別の場所に保管する

10階建だったので、例えば101号室~110号室まで外して別の場所運んで保管していました。

そんなある日、友達が県外から帰って来たこともあり、はめを外し飲みに飲み、気付けば朝の5時でした。

家に帰ったら6時でした。

朝仕事に行くのは7時でした。

ただ毎朝先輩が迎えに来てくれていたので、飲酒運転にはなりません!!!!

一睡もせず、べろべろの状態で仕事へと向かいました。

その日も格子の撤去。

あばよくば、1人で作業してきますって言っておきながらどこかで寝てやろう!思っていたのですが、そんな都合よくいくわけありませんでした!!

作業は8時30分から開始されました。

格子撤去の作業は分担されていました。

僕は➡テープを貼り部屋番号を書く

先輩は➡ネジを緩め➡外す

2人の作業➡集める➡別の場所へ運ぶ

そう!僕の仕事はサルでもできる仕事でした。

作業開始早々、強烈な睡魔が襲ってきました。

そりゃそうです!!

寝てないんだから~!!

でも僕は頑張りました!!

眠たい目をこすりながら、頑張りました!!

 

 

 

事件は10時頃起きました!!!!

 

 

 

朝から外していった格子を集めて、別の場所へ運ぶという作業時に起こりました!!

 

 

 

 

 

テープを貼り部屋番号を書く

こんな感じです。(右上に番号が書いてあるでしょ!こうすれば最悪バラバラになってもどこ部屋にあったやつか分かりますよね!!)

IMG_2990

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先輩が部屋番号順に並べていると。。。

 

先輩「え?」

先輩「ん?」

先輩「はっ?」

先輩「なにこれ」

何事かと先輩に近づくと、、、

僕が書いたテープの部屋番号が、、、

 

301号室「301」

302号室「302」

303号室「303」

304号室「314」➡先輩「え?」

305号室「819」➡先輩「ん?」

306号室「§Φ〈~^」➡先輩「は?」

307号室「Ψξω」➡「なにこれ」

そりゃ先輩も怒るわ!!

部屋番号はでたらめ、途中へんな記号なとるわ!!!

普段全然怒らない先輩もさすがに

「お前なんしよんや!!寝取ったんか!!」

「ぁッぁッ~」もののけ姫にでてくるコダマのような返事しかできませんでした!!

そこで先輩も諦めて、書き直ししてくれればよかったのに、先輩は最後まで確認し始めました!!

308号室「308」

これ見て僕は思いました!!

眠いのによく頑張った!!52時間寝てないくらい眠いのにも関わらず、2部屋は眠気ででたらめになったけど、どうにか持ちこたえ正常の部屋番号書き込みに戻っただと、、、

 

次の瞬間

 

309号室「ヤ   マ  サ キ」

 

 

 

僕(心の声)

「えええええええ!!!自分の名前書いてる!!眠いのに頑張ってやった意思表示が自分の名前かい!!部屋番号書かんといけんのに、自分の名前!!自分の物には名前書く。幼稚園児か!!てか俺のじゃね~し!!てか自分のでもいらんし!!!!先輩の車につんでこれ持って帰っていいすか?入らんし!!てかマジいらんし!!!!」

 

先輩の顔は見れませんでした!!

今だから言えます!!!

ほんと申し訳ありませんでした!!