INFORMATION
お知らせ

BLOG 2018/08/06
50年前の窓

スペースデザイン部の山田です。

広島市中区幟町で窓のサッシを取替えさせていただきました。

 

 

この窓は50年前のスチールサッシです。

今ではアルミサッシがあたりまえとなり見かけなくなりましたが50年程前までは窓は木製か鉄製だったのです。

鉄製のサッシは開け閉めは重たくガラガラと音もうるさいうえに隙間だらけです。

ビルオーナーはこのスチールサッシをとても気にいってらっしゃいまして、なんとかこのまま使用できないかと相談がありましたが、腐食がひどく窓枠もゆがんでいましたので取替えをお勧めさせていただきました。

 

古いサッシの解体中

 

 

外枠だけになったスチールサッシ

 

今回は古い外枠は残して新たなサッシを取り付けることができるカバー工法で施工いたしました。

 

 

新しい窓の搬入

 

 

生まれ変わった新しい窓

 

広島の街を50年見守って来た窓がやくめを終えて新たな窓に生まれ変わりました。このような仕事をさせていただき人や街や建物の歴史を感じることができました。

 

サッシのことはティーエス・ハマモトまでご相談ください。