INFORMATION
お知らせ

BLOG 2019/05/01
床の下には・・・

工務部の向井です。令和が施行されたこの日にブログを投稿できることは本当に光栄なことでございます。

 

さて、前回のブログで自然が豊かな現場ということ。それから外部・内部の改修があることをお伝えしたと思いますが、現在内外共に工事が進んでおります。

今回は内部改修の進捗状況についてお話ししたいと思います。

 

現工区では既存の浴室・トイレを一度全撤去し、新設しなおすという改修工事を行っております。

解体を見るのは2回目ですが、今回は既存コンクリート等を砕く・削るという作業があります。

 

まずは解体前をご覧ください。

 

 

 

 

そしてまずは壁を撤去します。既存のLGS と呼ばれる軽量鉄骨の部材は再利用しますので丁寧に一枚一枚外しました。

 

そして洗面台があった場所も、あっという間に筒抜けに。一度全て撤去するというのはなんとも見応えがありますね。

そして浴室をおおっていたのはなんとコンクリートブロック。家の塀などに使われています、あのブロックです。

それらもペッカーと呼ばれる大きなピックの付いた重機にて破壊していきます。

 

 

そして解体し終わったのがこちら。すっからかんになりました。しかしまだまだこれからです。

 

コンクリートで床と壁を新設しますので、まだまだ解体します。

古くなったコンクリートが職人さんを困らせます。なかなか撤去できない!

腕が筋肉痛で、ペンも持てなくなるほど一生懸命作業してくださいました。

 

解体場所の下は床下点検のため、空洞になっており、施工前からはがらりと変わりましたね。

 

撤去してから新設までをずっと見れるのが、現場監督のいいところです。ここからもまだわくわくしますね!!!

 

 

つづく・・・