INFORMATION
お知らせ

BLOG 2019/02/07
“真のリーダーとは・・・”

田中です。

 

チームリーダーやってます。

 

2017年から挙手をして3年目を迎えました。

 

興味本位で始めたチームリーダーですが

 

リーダーとはなんぞや。チームをまとめることの難しさなど

 

自問自答しながら何とかやってます。

 

リーダー。。。リーダー。。。漫画”世紀末リーダー伝たけし”なら知っているが

 

作者は逮捕されたし、読んでもたけしはケンカ強くて超絶優しいおっさん小学生

 

くらいであまり参考にならないよな~。

 

じゃあ、よし!本屋に行こう!でも、、

 

本読むのは超絶苦手(漫画なら読める)じゃけど、本は嫌いではない。

 

でも、読み切った本は過去に片手で数えるほど。。。

 

でも、仕事のできる人や企業の社長さんは本をたくさん読んでいると聞いたことがある。

 

俺も経営者になるためには本を読んで考え方など勉強しなければ!と思い

 

本屋へGO!

 

本屋をウロウロ。。。リーダーの本を探しながら30分。

 

お!?こ、これだ!!と思い手に取った1冊の本。

 

これが約1年前の話(笑)

 

それから1年間、、、本を寝かせつづけ、

 

今日から俺は!!

 

いくつかの某有名企業でCEOを務めた方が書いた”リーダー力”の本読みます。

 

これからのブログはこの本で自分が響いた言葉を紹介してきたいと思います。

 

ネタバレ注意!←ネットでよくあるやつ使ってみた。

 

☆上司だから偉いわけではない☆

リーダーになった途端に急に偉そうな態度を取り、部下をあごで使う人がいます。

しかし、役職はあくまでも組織の中での役割にすぎない。

人間として偉くなったかどうかは別の話。

地位があがって権力を持つと自分が偉くなったと錯覚して権力を振り回して

人を動かそうとする人がいますが、地位の高さは「権力ではなく責任の重さ」を意味

する。部下を権力で動かせると思うこと自体が間違っている。

その中で、まずは部下を呼び捨てにしない。「必ずさんづけするように」と。

仕事では、どんな立場であっても相手を呼び捨てにするべきではない。

職場は個々の大人がそれぞれの役割を果たす場なのだから。

同じ仲間として敬意を持って接するように。

ついていきたいと思われるリーダーは「みんなに支えてもらわないと何もできないか

ら、よろしくお願いします」と謙虚に言える人。

つねに自分は決して偉くないんだという謙虚な気持ちで慢心を戒め、誰に対しても

敬意を持って接することがリーダーには求められる。

 

31年生きてきた中でこういう人(権力で部下

をあごで使う人)確かにいましたねー。

自分はそうはならないように、年々後輩が

入ってきて接することが増えてきた今!

謙虚な気持ちで敬意を持って接する!

ひとつ勉強になりました。

 

つづく。。。